Enjoy Living or Die
link

121 名無しさん@おーぷん :2014/05/20(火)23:16:09 ID:JqUBEGPQj

戦闘機の値段がやたら安かったな

125 名無しさん@おーぷん :2014/05/20(火)23:19:31 ID:qcIKPGKZN
»121
ヒント:マッコイ価格

128 名無しさん@おーぷん :2014/05/20(火)23:20:34 ID:wPt5rE4RT
»125
1発5ドルのミサイルとかあるからな

126 名無しさん@おーぷん :2014/05/20(火)23:19:41 ID:AGETDXV3m
»121
「よぅし、調子いいぜ!30万ドルもした値打ちはある!」
link
人格は繰り返す行動の総計である。それゆえに優秀さは単発的な行動にあらず、習慣である。

名言ランキング~Twitterで本の名言を共有~InBook.jp

うわっ。

(via nakano)

2010-09-14

(via mcsgsym)

mcsgsymrenafukaからリブログ:

(via tataraseitetsu)

(Source: usaginobike)

link
オナ禁は一瞬。春場所は永遠。
(via petapeta)
link
事故の話だけとっても、必ず誰か死ぬのは避けられない世界を無人運転にするということは、プログラムが殺人の順番を決めることになります。突然飛び出してきたおばあちゃんを殺すべきか、おばあちゃんを殺さないように歩道に逃げて小さな子供を殺すか、それとも急ブレーキをかけながら隣の車に衝突させて隣の車が対向車線の車とぶつかって死ぬということにするか、というか運転手が死ねばいいんじゃないのとか、そういうコンピュータしか判断しえない条件下での意思決定を法制度に落とすのは至難の業だということです。
link

港区「ラジオって、どうやって聞くんですか?」


ラジオってどうやって聞くんですか。ふむ…………こういう質問は、生まれてこの方されたことがなかった。ラジオってどうやって聞くんですか。なんというか、「テレビってどうやって見るんですか?」と訊かれた時くらい返答に戸惑う(そんな質問もまだされたことないですが)。

半蔵「……えーと、まあ最近だとインターネットでラジコで聞いたりとか…」

某君「うん、おれもスマホのアプリで聞いてる」

半蔵「でもまあ、いちばん簡単なのは電器屋で二千円くらいで買ってきて…」

港区「何を買うんですか?」

半蔵「だから、ラジオを」

港区「ラジオって、売ってるんですか?」

半蔵「」

半蔵商店 (via clip17)
link
所ジョージ
所さんの家で遊ぼう、という番組で、遊ぶだけ遊んで片付けない芸人に
「片付けはめんどうなことじゃなくて、次にまた楽しく遊ぶための段取り」
と言いながら、自分で日曜大工の後片付け(道具洗ったり)をしてた。
偉い人だなあ、と思った。
link
面白くない本って無いんじゃないかなって思うんですよね。まだその本を読むタイミングじゃなかったり、能力がなかったりするだけで。
link
現在、イタリアの付加価値税は20%。その結果、みんなが踏み倒す方向に向かった。

20%もの税金を払うくらいなら、10%引きにするから、おたがいネーロ(闇)にしないか、と持ちかける者が増え続けた。領収書を切らず、現金だけをやりとりして、取引は無かったことにし、納税の義務そのものを消滅させる。これに対して、政府は、購入者は店に対して領収書を請求し、その領収書を店の外まで持って出なければならない、と義務づけ、これに違反する購入者の方に、最高十五万円もの罰金を科して取り締まることにしたが、取り締まりが追いつかない。

このラヴォーロ・ネーロ(闇仕事)は、いまや雇用にまで及んでいる。つまり、なにごとも無料のボランティア、ということで仕事をする。実際は現金が払われるが、それはあくまでチップ。表向きは雇っていないことになっているから、雇用側は所得税などを源泉徴収して納税したりしない。雇用が継続されることもないし、事故があっても雇用側は知ったこっちゃない。イタリアの失業率は、現在9%近い高さだが、それでも、みんながなんとか生活できているのは、裏にこんなカラクリが潜んでいるからだ。

高税は地下経済の温床 - 純丘曜彰(アゴラ) - BLOGOS(ブロゴス) (via futureisfailed)

すげぇな…

(via qawsklp)

物事には途中で線形性を失うことがほとんど。自称経済の専門家達はどう考えているのかな

(via moutoku)

link
前者の例と後者の例の違いが、一体どのような理由によって生じるのかはまったく分からない。たんに偶然の作用に過ぎないのかもしれないし、もともとそういう資質をもった人だったということなのかもしれない。ただやはり、あの意地の悪い「屈折」にだけはハマってはいけないのだということだけは、今でも思う。島田洋七の、有名な佐賀のがばいばあちゃんのネタにある、「大丈夫、頭悪いから貧乏だってことに気づかへんから」というような「抜けた」楽天性こそが大きな武器なのではないかと思う。中途半端に頭が良かったり、状況が見えていたりすることなんか、大して役には立たない。
2009-05-16 - 偽日記@はてな (via chez-sugi) (via kml) (via manamanmana) (via yaruo) (via gkojay)
link
中間を全部省略した流通革命アイドル「みんなー!お金持ってきたー?」
Twitter / gadd9 (via chptr22)